絵本旅行

好きなものについてただ徒然に

脳育にも効果的!おすすめの手遊び絵本&しかけ絵本

絵本をめくる度に指先を使うしかけ絵本や手遊び絵本。手先を使うことは脳を刺激し、知育の観点からも良いとされています。

赤ちゃん期から触れておきたい楽しくて好奇心を掻き立ててくれるおすすめのしかけ絵本と手遊び絵本を紹介します。

 

f:id:ehontrip:20211102124930p:plain

 

 

 

まるまるまるのほん

フランス人のエルヴェ・テュレさん作。こんな絵本の楽しみ方があるなんて!と、良い意味でカルチャーショックを受けた手遊び絵本。

絵本に登場するのは、可愛くて色彩の美しいポップなマルだらけ。読者はこのマル達と一緒になって物語を作り上げていきます。

絵本を読むというより、絵本と一緒遊ぶといった感覚。

 

デコボコえほん くねくね!

ギザギザやニョロニョロなどの面白い線や散らばった丸い点などがデコボコに描かれており、「ジャンプ!」「ぐるっとまわる!」など簡単な指示コメントに合わせて指を絵本の凹凸に沿わせて遊ぶ新感覚の手遊び絵本。

もちろん、絵本のコメント通りじゃなくてもお子さんの好きなように自由に動かして楽しむのも全然ありです!

これは出産祝いにいただいたのですが、娘がとても気に入って我が家では大活躍してくれました。

 

へんしん!おばけちゃん

仕掛け部分に触れるとおばけやバナナが色んなモノに変身していきます。

次は何に変身するかな??と仕掛けを通して想像力を掻き立ててくれる絵本です。キュートで可愛さ満載です!

 

くだものさん

やさいさん

「やさいさんやさいさんだあれ」の文章と共に土から生えてる野菜の葉っぱを上に持ち上げるとその葉っぱを持つ野菜の正体がわかる仕組み。

くだものさんは木の葉っぱを下にめくると、葉っぱに隠れてた果物の正体がわかる仕組み。

娘は0歳の頃からこの絵本が大好きで、絵本が破れるくらい使い果たしました笑

上にめくったり、下にめくったりする作業は0歳児の赤ちゃんにとって指の運動にもなり、手先を訓練するにもとても有効です。

絵が非常にキュートで、大人も一緒に楽しめます。

お人形とのセット商品もあります。お友達への出産祝いにもおすすめですよ。

 

ぼうしとったら

かぜビューン

こちらの作者は先に紹介した絵本「やさいさん」、「くだものさん」と同じtupera tupera。(tupera tuperaは亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニット名です)

やさいさん・くだものさんがお気に入りのお子さんであれば、こちらもハマること間違いなし!

「ぼうしとったら」ではぼうしをめくると奇想天外なモノが次々とぼうしの中から出てきてます。

「かぜビューン」では色々なモノが風に吹かれた時の様子が面白く描かれています。これを読めば風に吹かれるのも楽しくなっちゃうかも?!そんな一冊です。

 

ころりん・ぱ!

ころりん123

小さい子供の指に合うサイズの小さくて可愛いわっかを線上に自由自在に動かせるしかけになっています。

この線というのがかくかくした道、くねくねしたみち、ぐるぐるした道と子供が好きな楽しい形状になっているので、娘も夢中になって輪っかをくるくる移動させていました😄

数字バージョンもあります。この絵本で初めての数字に触れてみるのもいいです。

 

くだものどうぞ

仕掛け扉になっている果物の皮をめくると果実の中身が現れる仕組みになっています。

みかん、りんご、いちご、ぶどうなど小さいお子さんにも馴染みのある果物ばかり(全部で8種類)が登場しますので、とても楽しめる一冊です。

 

おやさいどうぞ

くだものどうぞの野菜バージョン。

仕掛け部分をめくると野菜の中身(野菜を切った際の断面図)が現れます。最後にはその切った野菜でサラダとカレーが出来上がるところまで描かれています。

実はこの絵本を参考にしながら我が家も台所育児と称して(なんちゃってですけどね!笑)2歳くらいからサラダ作りなど手伝ってもらっていたました。

包丁が使えなくてもこの絵本を見ながら親子でサラダ作りに挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

お?かお!

にゃ?かお!

顔の一部分が仕掛けになっていて、そこを操作する度に顔の表情がコロコロ変わっていきます。

この表情が非常に面白くて、(なかなかにシュールで大人の私も笑ってしまったほどです)福笑いのような楽しさを味わえます。

人間バージョンと猫バージョンがあります。娘は猫が好きなこともあって、にゃ?かお!がとてもお気に入りでした。

 

おめんです

おめんです2

おめんです3

こちらも娘が大好きで0歳の時から何度も何度も読んだ(読まされた笑)絵本です。

白きつねやひょっとこ、鬼など割と本格的な迫力のあるお面をめくると可愛い動物達(←すべて動物というわけではありませんが、可愛いものが出てくるという点に変わりはありません)が出てくる仕掛け絵本

めくったお面は大きめで目が穴あきされているので、実際にお子さんや親御さんの顔(大人には少し小さいけど)に当てて楽しむこともできますよ。

 

ひらがなよんで!

こちらはひらがなに興味を持ち始めたお子さんにおすすめのしかけ絵本

ひらがな絵本でしかけ絵本になっているタイプって珍しい気がします。楽しみながらひらがなが学べるので小さいお子さんでもとっつきやすいのが良いところ。

しかけ扉の中身も面白くて、開くたびにワクワクさせてくれます。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?今回ご紹介した絵本は0歳児からでも楽しめる絵本ばかりです。

私自身、娘がまだ生まれたばかりの時は、喋らない・歩かない0歳児とのコミュニケーションの取り方に迷ったことがあるんですが、しかけ絵本が娘との遊びのツールとして大変役に立ちました。

最初は反応が薄くても成長につれてどんどん楽しんでくれるようになります。親子で是非楽しんでいただけたら幸いです。